だめだありゃあ…

  • 2013/11/25(月) 15:44:02

朝一番で派手に転んだ
手すりから手すりに移るときに
母の様子なんか見たもんで掴まり損ねて体勢が崩れ
後頭部から頸椎を強打し
仰向けに倒れて呻いてしまった
あまりの痛さに頭を押さえている私に

寝ていた所
慌てて来たのはよいが
トンチンカンな母は
おでこ打ったの?
余計力が抜けることを言う
私を起こすことも出来ず
暫くそうしてなさいと
食器をしまい出す…

なぜそっち?

仕方なく自力でなんとか立ち上がり
食事の支度をし
母をリハビリに送り出し
片付けをし

自室で着替えようとして
再度転倒

背骨強打
もうフラッフラ

11時に保健師が来て
障害福祉の観点で何か生活改善出来ないか話をするも介護保険の方が優先されるサービスが多いため
話は何も進まなかった

12時30分
母リハビリから帰ってくるも、寒いと連呼の上、速攻寝てしまった

昼飯作って、片付けて
頭は瘤と頭痛でふわっふわしてるし、頸椎が痛くて吐き気もするが

母は寝ている
保健師が来ていたことも
忘れ、何も聞かずに
我関せず寝ている

やっぱりオレの体調であの人との生活は危険な気がする…

再認識したのであります


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する