前世療法を考える

  • 2013/08/12(月) 00:31:14

友人は
現世の不遇と体調不良を 陰陽師や気功に頼り
改善されたと言っていた

前世の話を聞き大量の式紙で、ついていたものが取れ
気持ちも楽になり、現世の因果が腑に落ちたらしい

どういう人が、話したにせよ
患者が現状を客観視出来る様に話を構成できる力が
友人を助けたのだろうと思う

友人が納得できるボリュームで。
内容で。
手法で。
的確に。

私が母に対してヒステリックになるのも
前世の因縁と思って紐解いてくれる指導者が必要であることは間違いない
自分で出来るものかなー
そうだ きっとそうなんだ

自分に催眠術をかけるきっかけやタイミングがあればいいのかも知れない

スイッチ一つの問題で ボタンにかかったプラスチックのカバーが見えているのに硬くて壊れない

壊さないようにしているのはだれ?
生霊か?
水子か?
おやじさまか?
同い年の従姉妹か?
だれがたたっていると言うのか?
それをだれにすれば私は


納得して現状をゆるくすることが出来るのか…

あのぼやけた適当なことしかしない嘘つきばばぁを受け入れることが出来るのか…うけいれる?ゆるす?

自分が寝たきりになったとしても受け入れることはできないと思う
あんな不衛生な人…

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する