何が一番の悲しみなのか…

  • 2012/04/20(金) 00:34:58

あんな職場でも
復職して
給料貰うんだ

って思って
五月一日を目指して
朝のシミュレーションや
リハビリも頑張っていた

障害手帳も一日でも早く貰えたら 何か
生活の足しになる事を信じて
申請できる日をまずは待ちわびていた

なのに
ことごとく目標にしていたものが
遠のいていく
手が届かないものが多すぎて
頑張る気力が わいてこないことなんだろうね
どんなに頑張っても 報われることはない

母みたいに
怠惰に毎日を過ごしていても
頑張って色々やっていても
結果は同じなのかと思うと
目の前で常にねっころがっている母に
笑顔で対応することは困難だ
精神的に本当に なじってなじって
本気で泣かせてしまい 追い込んでしまいそうになる


話が通じない母を相手に
現状を乗り切るのは
ちょっと

負担が大きすぎる

相談する人いないし…

兄弟達も退院後の我々二人の様子を気にかけるそぶりはない
母を一人にしていないという安堵感もあるのだろう



自分が望んだ形で
手を差し伸べてくれる人はいない
見て察してくれる人を望むのは
わがままなのだろうか

母には再三
ああしてくれこうしてくれと
御願いしても
通じないし

あんなに着いて回っていても
のんきなだけで
観察して察してくれることはない

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する