前世療法を考える

  • 2013/08/12(月) 00:31:14

友人は
現世の不遇と体調不良を 陰陽師や気功に頼り
改善されたと言っていた

前世の話を聞き大量の式紙で、ついていたものが取れ
気持ちも楽になり、現世の因果が腑に落ちたらしい

どういう人が、話したにせよ
患者が現状を客観視出来る様に話を構成できる力が
友人を助けたのだろうと思う

友人が納得できるボリュームで。
内容で。
手法で。
的確に。

私が母に対してヒステリックになるのも
前世の因縁と思って紐解いてくれる指導者が必要であることは間違いない
自分で出来るものかなー
そうだ きっとそうなんだ

自分に催眠術をかけるきっかけやタイミングがあればいいのかも知れない

スイッチ一つの問題で ボタンにかかったプラスチックのカバーが見えているのに硬くて壊れない

壊さないようにしているのはだれ?
生霊か?
水子か?
おやじさまか?
同い年の従姉妹か?
だれがたたっていると言うのか?
それをだれにすれば私は


納得して現状をゆるくすることが出来るのか…

あのぼやけた適当なことしかしない嘘つきばばぁを受け入れることが出来るのか…うけいれる?ゆるす?

自分が寝たきりになったとしても受け入れることはできないと思う
あんな不衛生な人…

物欲のロンド

  • 2013/03/16(土) 01:41:09

ご飯作って
母を怒鳴って
イライラして

仕事にもつけず
障害者年金も貰えず…

ネットとテレビをだらだら見る生活

リハビリと病院への通院も バスに乗ることを考えると
気が重い


そんな生活で 収入もないのに 目だけは欲しい物 獲物を捕らえてしまう


ロビがほしい        140,000-
wii カラオケ u が欲しい   30,000-

金がない

仕事を探したい

通勤のバスを考えると気が重い

日中、母を一人にして大丈夫なんだろうか

体力は続くのだろうか

登録した派遣会社の人が親切で セカンドオピニオン探した方がよいと
アドバイスを頂いた

頂いたurlから病院行って見ようかなと思うもの発見

難病医療券は『筋無力症』
『パーキンソン病』に変えたい

あの大学病院では書いてくれない気がする

セカンドオピニオンの方で書いて貰おうか?

医療券が使えない可能性があるため診察代が多分べらぼうだと思う

金がない状態で行くのは危険

働いて少し金が入れば…

障害者年金が入り始めれば…

病院変えられる?

もし働き始めたら病院ばかりいっていられないと思う

収入源確保できない

欲しい物も セカンドオピニオンも 
手中に収めることが出来ない





突破口が見当たらない

相談する人もいない

前に進めない

テレビ見ながら 日がな一日 寝たり起きたり

あっという間に 春が来て 夏が来て 一年が
何もしないうちに過ぎていき
私の身体は縮んでいくのだろう

くいちがう

  • 2013/02/25(月) 15:31:35

頭の中で シュミレーションする <データ処理をする>
結果?経過から時間に至るまで くいちがってくる <アウトプットが違う>

何もかも…

物置部屋と化している部屋を片付けたい
リサイクルを主に廃棄してくれる所があれば全部任せたいのに見つからない
アマゾンに出すほどのブランド品もない 捨てればいい
けど使えるものばかり 捨てられない

兄のビデオテープにCDが大量すぎて整理に苦しむ
兄嫁は捨てていいと言うけれど 自分だったら嫌だと思うと
捨てられない

カセットテープ/写真/8mmフィルム/父のスーツに革靴

終活  母は考えたくないと真っ向から否定するが
自分が死んだ後 遺品整理をする人が困る という考え方は 責任感が合ってよい
ダカラ実践したいのだが…
と思っているが 毎日が 無意味に過ぎていく 

ただただ過ぎていく


想定していた生活と ほぼ大体 くいちがっている



何が一番の悲しみなのか…

  • 2012/04/20(金) 00:34:58

あんな職場でも
復職して
給料貰うんだ

って思って
五月一日を目指して
朝のシミュレーションや
リハビリも頑張っていた

障害手帳も一日でも早く貰えたら 何か
生活の足しになる事を信じて
申請できる日をまずは待ちわびていた

なのに
ことごとく目標にしていたものが
遠のいていく
手が届かないものが多すぎて
頑張る気力が わいてこないことなんだろうね
どんなに頑張っても 報われることはない

母みたいに
怠惰に毎日を過ごしていても
頑張って色々やっていても
結果は同じなのかと思うと
目の前で常にねっころがっている母に
笑顔で対応することは困難だ
精神的に本当に なじってなじって
本気で泣かせてしまい 追い込んでしまいそうになる


話が通じない母を相手に
現状を乗り切るのは
ちょっと

負担が大きすぎる

相談する人いないし…

兄弟達も退院後の我々二人の様子を気にかけるそぶりはない
母を一人にしていないという安堵感もあるのだろう



自分が望んだ形で
手を差し伸べてくれる人はいない
見て察してくれる人を望むのは
わがままなのだろうか

母には再三
ああしてくれこうしてくれと
御願いしても
通じないし

あんなに着いて回っていても
のんきなだけで
観察して察してくれることはない

なんだかなー

  • 2012/04/19(木) 22:45:01

通帳の金はそこをついた

保険料を払えと言う会社
復職も危ぶまれる現状で収入の当てはない

待てど暮らせど 出来上がらない診断書
入るはずだった保険料はまだ入る気配もない
しかし保険料は引き落としやがる

目黒にいたときよりも減ってしまった自立支援の給付金
タクシーチケットもない
かさむリハビリテーションの代金 返ってくるのは3ヵ月後

家賃の心配はないものの
生活習慣とこだわりの違いによるストレス

先が見えないなー
毎年毎年 悪くなる一方だ

パーキンソン症候群と名前がついただけで
保険料はおりないのだろうか
働ける場所はなくなるのだろうか