エクトール.アンリ.マロ:家なき娘(ペリーヌ物語)

  • 2009/12/15(火) 23:47:21

ご存知 世界名作劇場 ペリーヌ物語

親を亡くしながらも強く生き抜くペリーヌ
生きることに真正面からいどみ 母の言葉 父の言葉を胸に
進み行く少女の話だ。

TVKで朝 再放送しているのを見て とまらなくなり
タイマーに入れてまで見てしまった。
しかし おじい様に会う少し前 マロクールに着く前くらいから見始めたせいか その前がすごくきになってきた。

これは本を読んでみるべと 図書館で予約してみた。

やはり 子供用しかないもんです

単行本でかりることが出来ず少し恥ずかしかったけどぉー
上巻を読んでみた

パリに入るところから 母の死 パリカールとの別れ
飢え ルクリおばさんとの旅
ロザリートの出逢い
マロクールでの仕事
森の中で見つけた狩猟場を 自分だけの城として 生活を始め 生き抜く姿
母との会話で培った日常語としての英語がきっかけで 
おじい様のそばで英語の通訳を始める

アニメはとってもかわいらしくて素朴できれいな声の露さんが語りかけてくれたのでまだ まだ 貧相さがやわらかい

本はやはりちとその貧乏な感じや 切実感が 半端ではなかった

その分 ペリーヌの生き抜くための思考や 子供なりのわからないこと
わからないことへの真摯な考え方や取り組み方は とても
聡明で かしこさが浮き上がるものだった。





下巻はすぐにかりれそうだが
もう少し間をおいてみようかな。

会社の子が ステロイド剤を飲んでいる私を心配してくれて
「自律神経を整えて免疫力を高める」系の本を貸してくれたし
自分でも 図書館で借りてみた。

それを読もうかな。

でも

ステロイド剤を飲み続けることと 今 自力で辞めること
どっちが危ないのだろうか。


悩ましい

ペリーヌのように生きることに前向きになりたいものです

瀬尾まいこ:戸村飯店青春100連発

  • 2009/10/31(土) 19:36:04

なんだか
読んだ記憶がうっすらある本だった

多分一章読んで返却したんだなぁ・

今読む本だったのかもしれない。

燎燎燎燎燎燎燎燎

べたべたの大阪下町
戸村飯店には
何でも器用にこなすもてまくりの兄ヘイスケ
単純だけど目の前のことに無器用なまでに一生懸命にのめりこむぶこつな弟コウスケの兄弟がいた

小さい頃から自分の居場所がなく、でていく事ばかり考えていたヘイスケ

高校卒業後はさっさと東京の学校を決めあっさり出ていってしまった

コウスケといえば自分は将来戸村飯店をつぐんだろうと、いい加減な兄をしりめに
店の手伝いをし
常連客とかる口を叩く日々
なんの疑問もいだかず高校卒業後は就職と決め込んでいた

高校最後の三者面談
勇気を振り絞りやっとのことでいった一言に頑固親父は激怒した。
誰が店継げぇ〜いうたんや
出ていけ
甘ったれいうじゃない

一緒にいるときは
はなすこともへっていた兄弟の触れ合いが人生の岐路に立ち
朴とつに動き出した

読みながら少し笑えてそんなもんなんかなぁっていう観点が
うん
そんなもんだ

と思えてしまうあたりもこぎみよく
全編関西弁で進行していく軽いけど
いい感じで人生が動いていく

爽やかな一本でした




東野圭吾:聖女の救済

  • 2009/10/15(木) 22:54:03

ガリレオ探偵の推理は如何にっ?
有り得ない完全犯罪

女の感
鋭い観察眼で事件の真相を探る女性新米刑事
お馴染草野刑事が挑む若き社長の毒殺事件

妻はパッチワークの教室を開いている

愛弟子は実は殺害された夫の愛人…

夫につきつけられた別れの言葉

その時芽生えた殺意

ガリレオも思わず有り得ないと呟くほどの完全犯罪

佐藤可士和の超整理術

  • 2009/09/25(金) 20:33:07

会社の読書クラブでご紹介頂きました

思考の整理も
空間の整理も
一緒です。

といった内容で今の私には非常に重要と言いますか
ここからやっていかないといけないよねっという内容でした

目の前のものが
煩雑であれば見付かるヒントも見つからない
目的を持ってものを整理し本当に必要なものにスポットライトがあてられるようにしないといけない

形を持たないがゆえに伝わりずらい思考をいかに整理し相手に伝えるか。

クリエイター佐藤可士和 らしいのかもしれない

相手からの要望を満たすためになにが必要なのか
整理して聞き出して形にしていく。

頭のなかが煩雑で巧く人とコミュニケーションがとれない私は
家の中も煩雑で買ったものすら忘れ去られてしまうような部屋であります(-.-;)

目的を持って部屋の中を見渡せばどうにかなるのかしら(-_-#)

会社でのコミュニケーションも巧く回り始めるのかしら…



畠中恵:ころころろ

  • 2009/09/15(火) 21:51:06

発行 20090730

久々にこっち系の本

自己啓発のものや
流行りもの
もいいけど
落ち着きますな

わかだんなはなんであんなにも聡明で優しいお人なんだろうな

ひょんなことから目の光を失った 若旦那

果ては光を取り戻すため 生目神 と勝負する羽目に?!